タクシー運転手として働いてみませんか?

仕事形態について

タクシー

隔勤が多い

タクシードライバーの仕事は基本的に一日の殆どを仕事で拘束されることが多いです。
タクシードライバーで多い仕事形態が「隔勤」と呼ばれるものが多いからです。
隔勤は21時間労働となっていますので、次の日には「明け」と呼ばれ必ず休みとなります。
それに公休が入ってくるので、月の勤務日数は大体11日が多いです。
他にも昼日勤や夜日勤と呼ばれるものも存在しまう。こちらは通常の仕事形態に近い内容になっています。
タクシードライバーの求人に応募する際には、このような仕事形態もしっかりと確認するようにしましょう。

仕事の流れ

タクシードライバーの仕事は朝の朝礼から始まります。
アルコール検査を行い、車を点検したら、後はほとんどが個人行動となるのです。
タクシードライバーの求人に応募する方で覚えていてほしいことは、タクシードライバーは個人行動が多く歩合制の仕事であることです。
そのためにしっかりと個人で管理を行う人がタクシードライバーとして向いているといえるでしょう。
求人を探す前にそのことについても把握しておくとよいでしょう。
そして個人での勤務時間が終わると、会社に戻り入金を行います。
その後タクシーを洗車し、一日が終わるのです。
タクシードライバーは求人に応募する際に思っているよりも体力が必要となってくる仕事です。
したがってタクシードライバーになった際には、自己管理をしっかりとおこなえるようにし、体調に気をつけるようにしましょう。